会社情報

株式会社海老屋

株式会社海老屋

「株式会社海老屋」は、先代 鶴田保が昭和24年創業しました。
菓子を作る原材料も乏しく菓子製造も大変であった当時は、煮豆を中心に羊羹・佃煮等を作っていました。
原材料も思うように供給されるようになるとおせち料理の栗きんとんや豆きんとんを製造するようになりました。
常に食の安全・安心を目指し、時代のニーズも見極めながら、製造する商品が多様になった今も、先代のポリシーであった「原材料にこだわれ」を引き継いでいます。

スイーツ工房フェリーチェ

「アイス工房フェリーチェ」は、株式会社海老屋において、アイス・ジャム・コンポートなどを製造する部門です。
日本のちょうど真ん中に位置する山梨県にあり、周りは、富士山をはじめ、日本有数の山に囲まれた自然豊かな環境の中に位置します。
名水百選に選ばれた白州の尾白川や日本一のぶどう郷の勝沼、そのぶどうを仕込んで作ったワイン、一宮の桃、八ヶ岳の牧場の牛乳など自然に恵まれた水や空気、果物など自然に恵まれた産物がたくさんあります。
そんな自然に育まれた食材を使っておいしいものができないかと思い、山梨県産の牛乳を使ったアイスクリームや勝沼産巨峰ぶどうや一宮産のジャム・コンポートの製造をしております。
食の安全が問われている昨今、安心・安全を目指して無添加製品の提供に努め、有機原材料を使い消費者の皆様の健康を考慮した製品作りを目指しております。
なお、2006年には、有機加工工場の認定を取得しました。

 

会社概要

会社名称 株式会社 海老屋
代表 代表取締役 鶴田 保彦
所在地 〒400-0825 山梨県甲府市七沢町134-4
電話番号 055-235-5966
ファックス番号 055-235-5967
お問い合わせ
メールアドレス
info@e-bi-ya.com
設立 昭和24年
事業内容 和菓子、洋菓子、アイス、果物加工の製造、販売

 

地図アクセス

 

沿革

昭和24年 初代 故鶴田 保 甲府市塩部町にて「海老屋」創業。煮豆、羊羹の製造を開始
昭和28年 煮釜等施設の増産体制により生産量が創業当時の3倍となる
昭和32年 黒豆・花豆等の煮豆アイテムを増やす
昭和38年 スーパーへの製品卸しを開始
昭和43年 現在の甲府市七沢町に移転
昭和45年 おせちの栗きんとんの製造を開始。※栗きんとんの製造は業界ではかなり早い方でした
昭和47年 田作り・おたふく豆・昆布巻等のおせちの商品アイテムを増やす
昭和52年 栗きんとん(純栗きんとん)の製造開始。※餡の部分がサツマイモでなく栗で作ってあり、非常に美味しい商品
昭和56年 株式会社海老屋に組織変更、代表取締役 鶴田保彦となる
昭和62年 洋菓子(フルーツゼリー)の製造を開始
平成2年 水羊羹の製造を開始
平成 9年 地元の果実などを使ったアイスキャンディーの製造を開始
平成10年 資本金1千万円に増資
平成11年 アイスクリームの製造開始。同時に原材料を支給のオリジナル(PB)アイスの受注を開始。※小ロットの受注が小規模のお客様に非常に好評
平成14年 地元の農家と共同でジャム・コンポート(果実のシロップ漬け)の製造を開始
平成15年 有機加工施設の認定を取得、これによりJASの規格商品の製造可能となる。山梨県認証商品Eマークの認証を受ける(ジャム・コンポート)。
平成16年 アイスクリーム・アイスキャンディに使用していた動物性タンパク質の増粘多糖類(ゼラチン)から海草から抽出物した寒天に変更
平成17年 アイス製造室増築 従来の3倍の面積になる
平成18年 アイスクリームフリーザー・パステライザー増設
平成20年 和菓子を本格的に製造開始
平成22年 焼き菓子・ロールケーキ・プリン等の製造開始